自分の肌をよく知ろう

肌が弱いのに脱毛クリームやテープを利用してムダ毛のお手入れを行うことは、あまりおすすめできない方法です。毛と一緒に肌のも引っ張られ、皮膚の表面が無理に剥がれてしまうことがあるからです。見た目では分からなくてもずっとヒリヒリした感覚が残ったり、しばらくすると肌が赤くなることもあります。このため、肌の状態に合わせた脱毛方法をするべきです。

カミソリなども肌の表面を削ってしまいますから、直接刃が肌に触れない電気シェーバーなどを用いたほうが安心です。脱毛クリームやテープの方が綺麗に毛が無くなるので、どうしても使いたいときには肌の表面をいたわるケアを行っていきます。ケアが不足してしまうと、雑菌などの侵入も許してしまい、毛穴が炎症を起こしやすくなります。

荒れた肌には潤いを与えることが大切で、化粧水や保湿クリームなどが適しています。肌に塗った時にしみるようであれば使わないで清潔なタオルを水かお湯で濡らし、肌の表面を抑えて落ち着いてから使うと良いです。顔のケアと一緒で保湿した後は潤いを閉じ込めるためにオイルなどを使うと良いです。

一度試してみた脱毛方法でひどく肌が傷ついた場合は、次からは同じ方法を使わず違うやり方を取り入れるべきです。

Filed under: 未分類 — たいき 1:25 PM