シュガーワックスでケア

自宅での簡単に作ることのできるワックス脱毛として、シュガーワックスが関心を集めています。 ワックス脱毛に使うものは、水に溶けるものと解けないものがあって、これは水溶性になります。キッチンにあるものを使って作ることができて、すべて口にできるものであるため、肌に使用しても安心なものばかりです。

シュガーワックスの材料は、グラニュー糖を450gに、水が450mlとレモン汁は60mlです。レモンを2個分の量で、市販されているレモン汁を使用しても構いません。砂糖はできるだけ不純物の入っていないタイプを使います。

水とレモン汁とグラニュー糖を鍋に入れて、強火で加熱します。木べらでかき混ぜて、と沸騰してから中火にして、25分間加熱します。深いアメ色になってくれば、シュガーワックスの完成になります。

脱毛に使うときには、湯せんなどで温めて使います。脱毛する部位に薄く塗り、ヘラなどでのばします。少し時間をおいたら、ムダ毛の生えている流れとは逆に、いい気にはがします。

ワックスでの処理が終わったあとは、シャワーで洗い流して、肌を清潔に保ちましょう。最初にベビーパウダーを載せておくと、ワックスはつきやすくなります。ケアのあとは、保湿もしておきます。

Filed under: 未分類 — たいき 1:23 PM