まずは毛が生える仕組みから

脱毛を行うなら、まず毛が生える仕組みを知っておく必要があります。
毛には、生え代わりのサイクルがあり、一般的にこれを毛周期と呼んでいます。
毛の成長するサイクルは、成長期、後退期、休止期となっていて、脱毛にとって大切なのは成長期です。
その理由は、成長期のムダ毛にしか脱毛は効果がないからです。脱毛するのは毛根部の一番奥にある「毛乳頭」に攻撃を与えることで、脱毛の効果を得ることができます。そのため毛乳頭が破壊されない限り、永久脱毛にならないともいえます。
毛乳頭は、ムダ毛に栄養を送り込む働きをしていて、それが後退期になると成長が終わり栄養を取り込む必要がなくなるので結合がゆるみ、そのためこの時期に脱毛をしても効果がないというわけです。
また休止期になると、毛と毛乳頭は完全に離れ、ムダ毛が抜け落ちるので、次の毛が表面まで生えてくるまでは脱毛することができません。エステなどで次の施術まで2ヶ月ほどの期間をあけるのは、成長期を待つためで、できるだけムダ毛が多い状態で照射することができるからです。
そのためどんな脱毛方法であっても1回で終わることはなく、通常18ヶ月ほどかかるのを覚悟しておく必要があります。

Filed under: 未分類 — たいき 10:58 AM