カミソリを使うと毛が太くなるのはウソ!?

カミソリを使って毛を剃ると、毛が太くなるというイメージを持つ人は多いでしょう。
ですが、カミソリで毛を剃っても太くなるという訳ではありません。
毛が太くなると感じてしまうのは、毛を剃る事によって、毛先の断面が大きくなってしまう為です。
新しく生えてくる毛というのは、毛先が細く柔らかい状態です。
それに対して、カミソリで剃った後に、皮膚の表面に出てくる毛は、毛先の断面が広い状態で出てくる為、新しく生えてきた毛に比べると、太くてしっかりとした毛に見えてしまう事になります。
ですが、毛自体が太くなってしまったのではなく、毛先の状態が太くなってしまう為に、太く見えてしまう状態になってしまうという事が正解になります。
ただ、無理な毛の剃り方をしていると、体が、外側からの負担やストレスを受けやすい状態と感じ、体を守る為に、今までよりもしっかりとした毛がある方が良いと判断をし、毛を太くしっかりとしたものに変えていく事もあります。
この状態を避ける為には、肌への負担が少ない毛の剃り方をしないようにしていく事が大切です。
肌への負担が少ない状態で、カミソリを使って毛を剃る場合は、剃った事によって毛が太くなるという事はありません。

Filed under: 未分類 — たいき 1:23 PM