自分の肌をよく知ろう

肌が弱いのに脱毛クリームやテープを利用してムダ毛のお手入れを行うことは、あまりおすすめできない方法です。毛と一緒に肌のも引っ張られ、皮膚の表面が無理に剥がれてしまうことがあるからです。見た目では分からなくてもずっとヒリヒリした感覚が残ったり、しばらくすると肌が赤くなることもあります。このため、肌の状態に合わせた脱毛方法をするべきです。

カミソリなども肌の表面を削ってしまいますから、直接刃が肌に触れない電気シェーバーなどを用いたほうが安心です。脱毛クリームやテープの方が綺麗に毛が無くなるので、どうしても使いたいときには肌の表面をいたわるケアを行っていきます。ケアが不足してしまうと、雑菌などの侵入も許してしまい、毛穴が炎症を起こしやすくなります。

荒れた肌には潤いを与えることが大切で、化粧水や保湿クリームなどが適しています。肌に塗った時にしみるようであれば使わないで清潔なタオルを水かお湯で濡らし、肌の表面を抑えて落ち着いてから使うと良いです。顔のケアと一緒で保湿した後は潤いを閉じ込めるためにオイルなどを使うと良いです。

一度試してみた脱毛方法でひどく肌が傷ついた場合は、次からは同じ方法を使わず違うやり方を取り入れるべきです。

Filed under: 未分類 — たいき 1:25 PM

何より保湿を忘れずに

女性の憧れでもある、白くて透明感のある美しい肌を保つためには、常にお肌の水分と油分のバランスがとれていなければなりません。ですから日々、水分と保湿がバランスよくケアできていなければならないということです。現在、色々な基礎化粧品が販売されており、値段も安いものから高いものまでたくさんありますが、せっかく高い化粧水をお肌に浸透させても保湿がきちんとできていなければ、肌に浸透した水分が蒸発し結局は乾燥したお肌になってしまうのです。乾燥肌の方は特に、水分を入れてしまえば後の保湿がおろそかになってしまいがちの様です。綺麗なお肌になるために一番大切なのは保湿だといって良いほど、とにかく保湿を十分にすることが大切です。洗顔後、たっぷりの化粧水をお肌に優しく押し込みゆっくりと浸透させます。その後適量のクリームでしっかりと蓋をしてあげましょう。そしてしっかりとお肌になじむように手のひら全体で行うことが大切です。クリームも高価なものでなくても十分です。今話題なのはニベアクリーム。こちらは金額も安くお肌への美肌向上効果が抜群であると高評価です。現在、コストパフォーマンスの良い商品がたくさん販売されていますので自分に合った基礎化粧品を使い美肌を目指しましょう。

Filed under: 未分類 — たいき 1:25 PM

セルフ処理後にかを忘れたら・・・・

脱毛するとしたら、エステサロンや美容クリニックに通うのは費用がかかるから、自宅で自分でセルフ脱毛する人も多いかと思われます。

しかし、その際にとても大事なのは、脱毛後のお手入れです。
エステサロンや美容クリニックなら、アフターケアも施術料金の含まれているところがほとんどですが、自己処理の場合はつい面倒になって脱毛したらそのままにしてしまう人もいると思います。

しかし、脱毛後のケアは炎症を起こしにくくしたり痛みを軽減したり、肌の状態を良くするためにも絶対にマストなことなので、必ず行うようにするのが望ましいでしょう。

自宅でできる脱毛方法は様々ありますが、脱毛後は肌が非常に敏感でデリケートになっているので、冷やしたタオルを脱毛部分に当てて冷やすようにしましょう。

脱毛部分は肌が火照って刺激に弱くなっていますので、ちょっとしたことで炎症や腫れの原因になったりすることもあります。
紫外線を受けたりプールや温泉など、雑菌が入る可能性のある場所に行くのも避けるようにしましょう。

また、刺激の少ないローションやクリームなどを塗って保湿してあげることも大事です。

たかだか脱毛と言っても、脱毛する部分によってはあとで痛みや炎症などの後遺症が出る可能性もあります。
きちんとアフターケアを心がけて、ムダ毛を気にしない生活を送っていきたいですね。

Filed under: 未分類 — たいき 1:24 PM

シュガーワックスを簡単手作り

夏は、肌の露出が増える季節ですね。エステやサロンに行く時間もなくて、お財布事情もよろしくない時は、この際脱毛ワックスを手作りしちゃいましょう。砂糖と水とレモンさえあればすぐ作れますから、思い立ったら何とやらです。
まず準備するものは、水 450ml、砂糖(黒糖でもかまいませんが、白砂糖のほうが煮立たせるときに分かりやすいです。) 450g、レモンの絞り汁 60ml、ホーロー鍋かステンレス鍋、密封容器、 以上です。
では、脱毛ワックス(シュガーワックスとも言われています。)の作り方です。
①鍋に、水、砂糖、レモン汁を入れて、強火でかき混ぜます。火をつけている間は、鍋の底が焦げ付かないように、木べらでかき混ぜ続けます。
②泡が出てきたら弱火にし、もう少し煮詰めます。
③粘りが出て、色が茶色になります。かき混ぜているときに、鍋の底がみえる程度になったら、火を止めます。
④できたての、シュガーワックスは非常に熱いです。そのまま、冷ましましょう。
⑤冷めたら完成です。密封容器にうつせば、そのまま使えます。
手作りの魅力は、まず安く手軽に作れるということ、そして何より無添加なのでお肌に優しく、肌荒れが起きにくいということです。

Filed under: 未分類 — たいき 1:24 PM

シュガーワックスでケア

自宅での簡単に作ることのできるワックス脱毛として、シュガーワックスが関心を集めています。 ワックス脱毛に使うものは、水に溶けるものと解けないものがあって、これは水溶性になります。キッチンにあるものを使って作ることができて、すべて口にできるものであるため、肌に使用しても安心なものばかりです。

シュガーワックスの材料は、グラニュー糖を450gに、水が450mlとレモン汁は60mlです。レモンを2個分の量で、市販されているレモン汁を使用しても構いません。砂糖はできるだけ不純物の入っていないタイプを使います。

水とレモン汁とグラニュー糖を鍋に入れて、強火で加熱します。木べらでかき混ぜて、と沸騰してから中火にして、25分間加熱します。深いアメ色になってくれば、シュガーワックスの完成になります。

脱毛に使うときには、湯せんなどで温めて使います。脱毛する部位に薄く塗り、ヘラなどでのばします。少し時間をおいたら、ムダ毛の生えている流れとは逆に、いい気にはがします。

ワックスでの処理が終わったあとは、シャワーで洗い流して、肌を清潔に保ちましょう。最初にベビーパウダーを載せておくと、ワックスはつきやすくなります。ケアのあとは、保湿もしておきます。

Filed under: 未分類 — たいき 1:23 PM

処理後のケアは必須!

除毛クリームで処理を行うと、カミソリやシェーバーで処理を行う場合よりもやや深い部分でムダ毛を取り除くことができます。それは、ムダ毛を溶かす成分が表皮よりも少し下で効くためであり、強力な成分が含まれているものは短時間でもムダ毛がなくなります。カミソリやシェーバーで剃った後は毛穴にムダ毛が詰まっていますので、アフターケアを行う場合には傷ついた表皮の回復に努めれば良いのですが、除毛クリームで処理をした後は表皮よりも少し深い所でムダ毛が取り除かれていますので毛穴がぽっかりと空いた状態になっています。ただし、毛根から引き抜いたわけではありませんのですぐに再生はしてきますが、少しの間は皮脂や汚れが詰まりやすい状態であり、水分がすぐに蒸発してしまいます。
乾燥は肌トラブルのもっとも大きな要因になりますので、アフターケアとしては保湿がとても大切です。保湿ケアをしっかりと行えば皮脂と水分のバランスが調節されて良いコンディションを維持しやすくなります。肌バランスが保たれていると細胞の働きも活発になりますので、傷ついた細胞の修復が早くなります。そのため、ムダ毛を処理する前の状態に短い期間で戻すことができます。

Filed under: 未分類 — たいき 1:23 PM

カミソリを使うと毛が太くなるのはウソ!?

カミソリを使って毛を剃ると、毛が太くなるというイメージを持つ人は多いでしょう。
ですが、カミソリで毛を剃っても太くなるという訳ではありません。
毛が太くなると感じてしまうのは、毛を剃る事によって、毛先の断面が大きくなってしまう為です。
新しく生えてくる毛というのは、毛先が細く柔らかい状態です。
それに対して、カミソリで剃った後に、皮膚の表面に出てくる毛は、毛先の断面が広い状態で出てくる為、新しく生えてきた毛に比べると、太くてしっかりとした毛に見えてしまう事になります。
ですが、毛自体が太くなってしまったのではなく、毛先の状態が太くなってしまう為に、太く見えてしまう状態になってしまうという事が正解になります。
ただ、無理な毛の剃り方をしていると、体が、外側からの負担やストレスを受けやすい状態と感じ、体を守る為に、今までよりもしっかりとした毛がある方が良いと判断をし、毛を太くしっかりとしたものに変えていく事もあります。
この状態を避ける為には、肌への負担が少ない毛の剃り方をしないようにしていく事が大切です。
肌への負担が少ない状態で、カミソリを使って毛を剃る場合は、剃った事によって毛が太くなるという事はありません。

Filed under: 未分類 — たいき 1:23 PM

正しいカミソリ処理

 正しいカミソリ処理の方法をマスターすることで、肌への負担を軽減させることもできます。エステサロンなどの脱毛が1番肌にもいいとわかっていても、時間もないしお金もないとなると、カミソリでのムダ毛処理になりがちです。毎日ムダ毛を剃ってお手入れすると、皮膚には徐々にストレスがかかっていきます。

正しいカミソリ処理方法は、まずは肌をキレイにすることです。バスタブに浸かり、硬くなった角質も取り去ります。ムダ毛を剃る部分は蒸しタオルを使って蒸らすと、毛穴が開きます。ムダ毛も柔らかくなり、剃りやすい状態になります。

直接カミソリをあてないで、ミルクやワセリンを肌に塗るのもポイントです。毛を剃る時には毛の流れに沿ってシェービングします。同じゾーンを、繰り返し剃るのは、肌にとって負担です。逆剃りもしてはいけません。基本的に、優しいシェービングを心がけます。

カミソリ処理をしたら、か鳴らす行わないとならないのが、肌への保湿ケアです。カミソリでムダ毛を処理した肌は、とても乾燥しやすくなっています。カミソリ処理後のスキンケアをしないで、何回もシェービングすると、肌は汚くなります。しかし、しっかりと毎回、肌の保湿ケアをすることで、肌のコンディションは良いものに保たれます。

Filed under: 未分類 — たいき 1:22 PM

まずは毛が生える仕組みから

脱毛を行うなら、まず毛が生える仕組みを知っておく必要があります。
毛には、生え代わりのサイクルがあり、一般的にこれを毛周期と呼んでいます。
毛の成長するサイクルは、成長期、後退期、休止期となっていて、脱毛にとって大切なのは成長期です。
その理由は、成長期のムダ毛にしか脱毛は効果がないからです。脱毛するのは毛根部の一番奥にある「毛乳頭」に攻撃を与えることで、脱毛の効果を得ることができます。そのため毛乳頭が破壊されない限り、永久脱毛にならないともいえます。
毛乳頭は、ムダ毛に栄養を送り込む働きをしていて、それが後退期になると成長が終わり栄養を取り込む必要がなくなるので結合がゆるみ、そのためこの時期に脱毛をしても効果がないというわけです。
また休止期になると、毛と毛乳頭は完全に離れ、ムダ毛が抜け落ちるので、次の毛が表面まで生えてくるまでは脱毛することができません。エステなどで次の施術まで2ヶ月ほどの期間をあけるのは、成長期を待つためで、できるだけムダ毛が多い状態で照射することができるからです。
そのためどんな脱毛方法であっても1回で終わることはなく、通常18ヶ月ほどかかるのを覚悟しておく必要があります。

Filed under: 未分類 — たいき 10:58 AM